スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

雨に撮れば

DSC_1615.jpg


雨の日でも写真を撮りたい。
そう思ってあれこれ場所を考えた。
第一条件は雨にぬれないこと。だから、屋根のある場所。
関空の展望ビルを思いついた。
順光、逆光も関係ないし、とりあえず、行ってみよう。
車を関空まで走らせた。

途中の阪神高速、湾岸線を走っているあいだ、さらに雨足は強くなり、
少しだけ後悔の気持ちが芽生えた。
到着し、三脚を組立て超望遠レンズをセットする。
狙った絵はテイクオフ直前のブラストが巻き上げる水煙。

試し撮りをし、レンズを探る。
狙った絵には相当のズームアップをしなければならない。
結局、500㎜F4にエクステンダーをつけ都合700㎜の焦点距離に決めた。
ファインダーをのぞき、露出の数値を見る。
暗い。
予想よりはるかに暗いからシャッタースピードも遅い。
超望遠レンズには不利な状態だ。
といってもここまで来たいじょう
撮らずにはいられない。

絵になるのはJALとドラゴンエアーの機材だ。
ANAをはじめ、ラインの面積が多いシップでは
暗い背景に映えない。
白の面積が多い両社の機材のフライトを待つ。

何機か上がった後、
いよいよスポットからJALの747ジャンボが離陸体制に入った。
遠くの滑走路のはじまで行って、こちらに向きを向けた。
雨足はずいぶん弱まっていて
ビジリティもそう悪くない。

甲高いジェットの音も力強くこちらに向かってくる。
ファインダーの中からシップを追いかける。
ズームレンズではないから、
どんな大きさでシーンを切り取れるかは飛行機次第。
なるべく手前で浮いて欲しい。
「上がった」
数回シャッターを切る。
そして、その場を離れた。

いつもより格段に少ない撮影枚数だったなぁ。
そう思いながら、湾岸線を走る。
帰ると雨も上がり、夜になっていた。
データーを吸い上げ写真をチェックするとほとんどブレブレ。
よくもまぁと思えるくらいへたくそ。
その中で二枚だけ奇跡的にぶれていなかった写真があった。

今回の写真はそのうちの一枚。














スポンサーサイト

Tag:飛行機  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

くろお0000

Author:くろお0000
ようこそ、ようこそ。

以前、勤め人だった頃、
飛行機によく乗りました。
1年間に多いときは150回くらい乗っていました。
その頃とりためた写真を中心にUPしていこうと思っています。
今はフリーのインテリアデザイナー。
忙しくってなかなか撮影にいけそうにもないけど
いつかまた撮影にいきたいなぁって思っています。

アクセスありがとう
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。